折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

今週のひとこと Vol.64 「敬翁桜」

<今週のひとことVol.64 2005.1.28>


  今年、最初の桜に会いました。
  茶道の集まりで出かけた先のことです。
  ほの暗い廊下のつきあたり、
  花台に置かれた立派な花器に
  確かな手で生けられたその景色は、
  春の日射しをまとっているようで
  周囲の空気までも明るく暖かく感じさせる
  迫力がありました。

 

敬翁桜(別名啓翁桜)は昭和初期に、福岡県久留米市の吉永啓太郎氏が、中国の桜に彼岸桜を接いで生みだしたもの。現在は種子も広まって、温室栽培されるようになりましたが、当初は真冬の初市に出せる桜としてたいへん珍重されていたそうです。
外はまさに冬の盛り。
厳しい季節に咲くめでたさ(愛でたさ)が、
花本来の美しさと重なり、
春を待ちわびる心の風景のように思えました。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA