折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

今週のひとこと Vol.60 「働くということ」

17日、WAVE101で「仕事探しカフェ」という新しいタイプの就職イベントがあり、ちょっと覗かせていただきました。去年は雇用能力開発機構主催のイベントで、働くことの大切さをテーマにしたミュージカルも観ました。この2,3年、フリーター対策として、この種のイベントが、手を換え品を換え、次から次へと企画されています。
フリーターの数は今や217万人(2003年労働白書)、 更に就職する意志がなく学校にも行っていない若年層無業者「ニート」も52万人(同)と深刻になっています。
こうしたフリーターやニートの増加は、日本の将来に大きな影響をもたらすと、今や国をあげて若者を働かせることに躍起になっています。

「働く」ってどういうことでしょう。
人はいつか自分の足で立って歩んで行かなければなりません。そのために、仕事をして対価を得る。そしてまた、その仕事の中で、自己実現を果たし、社会に還元する。それが働くということだと思うのです。
もちろんフリーター対策も大切でしょう。ですが、子どもの頃からそうした職業意識を育む教育、これに今もっと力を注ぐべきではないでしょうか。大人たちが、自分の「働く」ということの意味を再確認して、子どもたちに伝える。それを教育の現場、家庭、そして社会で実践して行かなくてはいけないと思うのです。
もうすぐ仕事納め。「働く」ということの意味を再確認するいい機会かもしれませんね。今年1年を振り返りながら…。
<今週のひとことVol.60 2004.12.20>

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA