折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

今週のひとこと Vol.52 「衣替え」

10月1日、今日は衣替えです。保育園の園服も長袖のスモックとフェルトのベレー帽に替える日です。が、今日のこの暑さには、さすがに冬服を着せるのはかわいそう。制服の学生たちも、上着を手に持ったり、腰に巻いたり、持て余している様子でした。
衣替えの習慣は、宮中の行事として始まり、現代の6月1日と10月1日になったのは、明治からだそうです。なんと江戸時代の武家社会では、旧暦の9月9日から3月末日までは綿入れ(表布と裏布の間に綿を入れた着物)の着用を定められていたとのこと。
旧暦の9月9日は、現代の10月中旬くらいでしょう。今の気候に綿入れなんて、我慢大会になってしまいます。
昔にくらべ、こんなにも日本の気候が変化しているのですね。

くしくも今日、「排出量取引が活発化」という見出しの記事が新聞に大きく取り上げられていました。
ロシア政府が京都議定書を批准し、同議定書が効力を発する見通しとなり、日本は温室効果ガスの削減義務の実現を強く求められることになります。そのため、企業の排出ガス削減対策として、海外(主に開発途上国)との排出量取引が活発化しているという内容です。
何か違っちゃぁいませんか?
経済発展はとても大事なことですが、地球を壊してしまっては意味がない。温室効果ガスを排出する権利を他国から買うというシステムに憤りを感じます。地球全体の排出量を減らさなければ意味がないのですから。
もうこうなったら「温室効果ガス」という呼び方、「地球破壊ガス」 に変えてみませんか。

今週のひとこと
Vol.52
<2004.10.1>

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA