折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

今週のひとこと Vol.47 「読書の世界への扉」

<今週のひとことVol.47 2004.8.13>


夏休みも残り半月、たまってしまった宿題に憂鬱になっている子どもたちも多いのではないでしょうか?中でも読書感想文は、普段本を読む習慣のない子どもたちにには、かなり苦痛だと聞いています。本来楽しんですべき読書を、宿題のために仕方なくするとなると、つい先送りしてしまう子どもたちの気持ちもわかるような気がします。
ですが世界には、本当に出会ってよかったと思える本がたくさんあります。読書感想文を書くために読むのでも、勉強のために読むのでもなく、「あ、コレ面白そう」そんな軽い気持ちで本を手にしてみる。
気に入った本が見つかったら、それは読書の世界への扉。もしも読破できなかったとしたら、それはわたしのための扉ではなかったと思って、次の本を探してみる。夏休み、子どもたちに素晴らしい本との出会いがあるといいですね。
ちなみに私の読書の世界への扉となった本は、バーネットの「小公子」、小学校2年生の夏休みでした。






コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA