折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

今週のひとこと Vol.40 「これでいいの?」

<今週のひとことVol.40 2004.5.28>

「これでいいの?」おそらく多くの方が、感じているのではないでしょうか?今回、政治資金規正法違反(虚偽記載)容疑で市長宅が家宅捜索を受けたことによる不信任案に対して、議会の採決は否決となりました。市長に対する不信任案は今回で3度目。前回・前々回は企業からの資金提供疑惑に絡むものです。反対した議員は、前回・前々回と同じく与党議員3名と無会派議員3名の計6名、賛成議員は残る15名。不信任案は議員の3分の2の賛成がなければ可決されませんので、1票の差での否決です。
不信任案に反対した議員は、質疑や反対討論で「まだ捜査段階であり、有罪と決まった訳ではない」「羽田問題を解決した市長の功績は大きい」「市長を辞めさせることに一生懸命な議員たちには、他に優先して審議しなければならないことがたくさんあることに気づくべき」「これは政争だ」というような主張をしていました。
違法だとか合法だとか、疑惑であって事実はまだわからないだとか、そんなことが問題なのでしょうか?一企業が500万円もの支払いを肩代わりしているという事実。それをみとめながら「単なる記載ミス」で市民は納得できるのでしょうか?
羽田問題の解決についても、不信任案に反対した議員が言っているように「市長の力」ではないと思います。市では積極的に何も言っていませんが、浦安のマンション管理組合連合会の代表が4万人の住民の声を代表して、石原大臣に要望しに行ったりもしており、市民の声が盛り上がってこその結果なのです。
反対票を投じた議員の1人の、議会報告にはこう書かれています。昨年の選挙直前に配布されたものです。
「疑惑は政争でもなんでもありません。逮捕されるか、されないかという司直の判断は別であり、自治体の首長がこんなことで話題になること自体、前代未聞。道義的にもあってはならないこと。伝統ある浦安の恥です。『人が輝き躍動するまち・浦安』のリーダーとして失格です」
その通りだと思います。なぜその方が態度を翻したのか、私にはわかりません。
今回の結果に『これでいいの?』と納得の行かない表情でつぶやいている市民に対して、議会の判断、本当に『これでいいの?』でしょうか。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA