折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

今週のひとこと vol.163 「仕 事」

市長の専決処分となった3月の補正予算の中に、下水道特別会計で400万円、一般会計で2億2千万円の人件費が含まれています。
これは、3月11日の震災当日から年度末の3月31日までの時間外手当を見込んだ金額(年度中に予算を組まなければならなかったため見込み額となる)。下水道特別会計(対象職員11人)は一人当たり約36万円、一般会計(対象職員1,290人)は一人当たり約17万円の時間外手当になります。

震災当日から年度末までの20日間、市の職員がいかに忙しく働いていたのかを表している数字ですが、同時にこの数字は、職員が震災直後のさまざまな対応に「プロフェショナル」として従事したことを示しています。
震災対応は「困っている市民を助ける」という行政マンの究極の職務であり、彼らの仕事なのです。

「仕事」の語源をたどると、もともと単純に「すること」を意味していた言葉が「すべきこと」に変化し、「すべきこと」は「生きるために働くこと」であるため、職業やその内容を表すようになったそうです。たどり直せば、職業は、「為すべきことを果たす行い」ということになるでしょう。

震災の後、「仕事に励む」職員の姿に、たくさんの市民が「がんばっている」、「ありがたい」と温かい声を寄せていました。
多くの職員が、休みを返上して仕事に従事し、本当にがんばったと私も思いますが、厳しい見方をすればそれが仕事であるならば当然のこととも言えるでしょう。震災後から今日まで、被災地の各地で多くの方々が、自分の仕事に向き合い、懸命に「為すべきことを果たして」います。それと同じように立派なことではありますが、市民のみなさんの温かな言葉に、「仕事ですから」と返すような謙虚さを持ち続けてほしいと願っています。「ボランティア」で、復旧にあたり、互いに助け合った市民のみなさんこそ、力をあわせて「がんばってくださり」、本当の意味で「有り難い」ことだと…。

市民のみなさんや各地から集まってくださったボランティアに助けられ仕事をしたことを、職員はしっかり心に刻み、これから、復興という「仕事」で、それに報いていかなければなりません。

6月議会は、来月8日に招集されます。私も、期待を寄せてくださった市民のみなさんに応えるため、市議会議員として「為すべきこと」を果たしてまいりたいと思います。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA