折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

今週のひとこと Vol.156  「人の力を無限にするもの」

入船在住のギタリストのコンサートに出かけてきました。ギタリストは、高校2年生。昨年、プロのギター演奏家の登竜門クラシカルギターコンクールで優勝を果した、岡本拓也君です。

このコンサートは、岡本君と縁のある富士見の教育関連企業(株式会社Q.E.D)が企画したチャリティーコンサートで、収益金は、地域貢献として、全額市内の福祉団体に寄付されるそうです。

岡本君のギターの音色を聞くのは、これで2度目。前回は、昨年5月の明海の丘公園バラ園での野外ミニコンサートでした。その時も、澄んだギターの音色に感心しきりでしたが、今回は、圧倒されるほどに感動をもらいました。

会場が、音響設備が整ったホール(文化会館小ホール)だったこともありますが、彼が前回から今回のコンサートの間にある約8カ月の時間を、どんな風に過ごしてきたのかが、演奏からもうかがい知ることができました。

山の頂きにたつと、次の頂が見え、その頂にたつと、また次の頂が見え・・・そんな風に、高みを目指し、たゆまず歩みを続ける17歳の生き方にも、また感動を覚えます。

「人の力」は、時にとてつもなく小さく思え、また時に無限の可能性に満ちているようにも思えます。
何かを諦めたとき、その人の力に「限界」というものを作るのだとしたら、決して諦めず努力をし続ける人には、無限の力があるはずです。

たった、1本のギターが奏でているとは思えない、多彩な音色が、それを証明するかのように、ホール一杯に響き渡っていました。




コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA