折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

今週のひとこと Vol.109 「ひとりの力」

7月23日は大暑。やや涼しい1日でしたが、暦の上では最も暑い日といわれる今日の正午、全国一斉開幕打ち水が全国各地で行われました。 浦安では、市の環境保全課が中心となり、新浦安駅前で打ち水大作戦を展開。私もみなさんと参加してきました。 以前にもご紹介しましたが、打ち水大作戦は、二次利用水をまくことで、都市の気温を下げ、電力消費を抑えようとする運動で、2003年からはじまり、草の根的に全国に広まりました。 昨年の打ち水作戦参加者は推定770万人。更に、パリでも打ち水が行われ、今年春の「第4回世界水フォーラム」(ブラジルで開催)では、活動のプレゼンテーションが注目を集めるなど、打ち水大作戦は「世界に誇る江戸の知恵」として国際的な広がりを見せています。 たった一人が、水をまいてもなにも変わらないかもしれませんが、水をまく人がたくさんになれば、確実に都市の温度を下げることができます。地球温暖化だって、なんだって、みんなの力をあわせれば、解決できないことはない。世の中も、浦安も、きっともっともっと良くなる。そんな実感が勇気となり、ひたひたと湧いてきた帰り道でした。 打ち水大作戦は処暑の8月23日まで続きます。みなさんもぜひご自宅の周辺で打ち水に参加してみてください。最終日には再び全国一斉打ち水大作戦が行われます。その時は、さぁ、いっしょに!打ち水で、お会いしましょう。
<今週のひとことvol.109 2006.7.22>

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA