折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

今週のひとこと Vol.106 「 マイナス6%」

 
   
   

あなたは「チームマイナス6%」のことをどのくらいご存知ですか?最近、小池環境大臣プロデュースの「もったいない風呂敷」の広報が新聞各紙で繰り広げられていますので、目にされたことがある方も増えているかもしれません。
深刻な問題となっている地球温暖化の解決のために世界が協力して作った京都議定書が平成17年2月16日に発効したのを受け、日本は、温室効果ガス排出量6%の削減を世界に約束しました。これを実現するための国民的プロジェクトがチーム・マイナス6%です。国民ひとりひとりが身の回りでできる小さな力を集め、ひとつのチームとして、温室効果ガスを削減しようというもの。行動の提言として、Act1:温度調節で減らそう Act2:水道の使い方で減らそう Act3:自動車の使い方で減らそう Act4:商品の選び方で減らそう Act5:買い物とごみで減らそう Act6:電気の使い方で減らそう の6つがあり、ひとつでも宣言すれば、チーム員になることができます。
「ひとりががんばったところで効果はあがらない、まず企業を厳しく指導せよ」よくそんな声も聞かれます。企業を指導することは、とても大事ですが、自分がやらない理由にはなりません。今電気を消せば、今日買い物袋を断れば、確実に温暖化防止に役立つ。その確実さを信じて実践して来た者として、ぜひこの運動が全国規模に盛り上がってほしいと願っています。
ですが…。あんまり知られていないんですよ。アイドリングをしている市内テーマパークのバスの運転手さんに声をかけた時に「知らない」と言われ、その話をあきれて役所の人に話すとその人も知らなかったという笑い話(笑いごとではないですが)みたいなことがありました。チームマイナス6%には、もちろん地方自治体も役所も登録することができます。市川市や千葉市は登録済み。

 

浦安市は…。言わずもがなですが未登録。地球温暖化防止に本気で取り組む気持ちを、まず行政から広めて行ってほしいものだと思う、クールビズ議会の6月です。

 
   
<今週のひとことVol.106 2006.6.13>

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA