折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

京葉線に防風柵

100613.jpg「京葉線強風運休減ります。2012年までに防風柵増設」
という見出しを、土曜日の朝刊に見つけた瞬間、「わ~」と声をあげて喜んでしまいました。
それというのも、2年前、頻発する京葉線の強風運休の対策を求め、新浦安駅の駅長に直談判…いや話を聞きに行き、対策としては「防風柵の増設が有効」と知った私(→「京葉線よなぜ止まる」)。その直後の議会で、市からJRに粘り強く要望するようにと要望を行いました(→その時の議会報告)。

今回の防風柵の増設で、強風による運休が半減するとJRは見込んでいるとのこと。昨年、運休、遅延で42万人が影響を受けている状況から考えると、運休半減となれば、その影響をかなり軽減できることになるでしょう。

強風運休の課題が改善されると知ってほっとはしたものの、毎朝の通勤ラッシュ対策はどうなっているのか、気にかかります。公共交通ひとつとっても、浦安市の課題は山積みです。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA