折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

不信任案否決

こういう結果になると予想している人もいましたが、市長不信任案は否決されました。なんだかなー。納得できませんよね。5月18日の「今週のひとこと・Versus」にも書いたように、一連の市長問題が『政争』という言葉にすり替えられることに、私ははじめから違和感を感じていました。(くどいようですが、私は現市長派でも、元市長派でも、与党でも野党でもありません。)ですから、ある議員の反対討論の中でくり返される「政争」という言葉や、「脅されている」というような発言に、やはり一言いうべきと、賛成討論にたちました。私はどちら派でもありませんが、不信任案に反対している議員が、「脅し」を受けていると一方的に言うことに、アンフェアーなものを感じたからです。と言うのも私自身、不信任案賛成の態度を表明する度に、市長の親派から「脅し」を受けています。どっちもどっちなんです。市民にしてみればこんな「政争」なんて関係のないことなのです。ただ、清潔で市民本意の政治をしてほしい、それが市民の願いなのではないでしょうか。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA