折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

一般質問通告

6月議会が来月3日に招集されるのに先駆け、一般質問の通告をしてきました。今回は以下の3件について質問を行います。

通告順は6番目、6月24日の登壇となる予定です。


1.高齢者の就労について

(1)シルバー人材センターの現状と課題について
(2)シルバー人材センターの拡充について

退職後も生き生きとした毎日を送っていただくためにも、また少子高齢化社会の労働力確保のためにも、また社会保障費の削減のためにも、「高齢者の就労」は、少子高齢化社会のキーワードとなっています。
浦安では、今年春「浦安市高齢者保健福祉計画及び第4期浦安市介護保険事業計画」を策定し、生きがい対策・社会参加事業の推進の施策のひとつとして、「シルバー人材センターの拡充」を盛り込んでいります。

シルバー人材センターは、「豊かな経験と能力を活用し、社会の役に立ちたいという方の団体です」(HPより)とうたっているものの、職種や労働期間などに限りがあり、高齢者の方々の「もっと働きたい、役立ちたい」という意欲を汲み切れていないという課題があります。それがどう拡充されるのかなどを聞きたいと思っています。

2.学校教育について
(1)こどもの成長記録システムについて
(2)教育情報のネットワークについて

公民の隔てなく、IT社会はこの10年で格段に進化しました。ITは、行政の業務のさまざまな分野でも活用されていますが、あくまでもITは道具であり、それを導入することにより、最終的に市民に役立っていなければなりません。
浦安では、近隣に先駆けて、教育機関を高速回線で結ぶ「教育情報ネットワーク」を整備したり、各教室にパソコンを設置したり、また一昨年には「こどもの成長記録システム」を構築し、19年からモデル校で導入を始めています。このような教育機関でのIT導入は、どうもハード(システムも含め)先行で、ソフトの部分でどうこどもたちに役立つのか、見えてきていないように思えます。実際に市民の方からの相談などもありますので、それも含め質問を行いたいと思います。

3.財源確保について

(1)徴収について
(2)債権管理対策について

市税収入が落ち込む中、市の財源を確保するうえでも、また負担の公平性を保つうえでも、徴収の強化は、どの自治体でも大きな課題です。
市では、徴収対策室の設置や収納員の配置、コンビニエンスストアでの納付導入などの徴収対策をとってきました。また、今年度は「債権対策準備プロジェクト」を財務部内に設置し、債権回収に取り組んでいます。施策の狙い、効果、数値目標などについて聞きたいと思います。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA