折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

一般質問終了

3月議会の一般質問が終了しました。
今回、私が質問したのは、先日お知らせしたとおり
「浦安市の財政について(主に短期・長期の財政見通しと事業の優先順位)」、「浦安市の教育について(主に基礎体力育成についての取り組み)」、「事業系ゴミの有料指定ゴミ袋について(主にこの施策の意義と他のゴミ施策との整合性)」の3件。

詳細は、いつものように「さぁ、いっしょに新聞」でお知らせいたしますが、今回は、いつにもまして、当局との立ち位置の違いを強く感じました。

世界的な経済不況の影響で、浦安でも税収減がおきており、昨年はじまった第二期基本計画の財政的裏づけである税収見込み額に、単年度で億単位、計画年度では、数十億単位の差異が出てきています。また、浦安では、今後急速に高齢化が進むという人口予測があり、将来に備える意味でも慎重な財政運営が必要です。ですが、市では、第二期基本計画に盛り込まれた事業のほとんどを、起債や基金の取り崩しで、計画通り行おうとしています。

これほどまで大きな状況の変動があったときには、なにがなんでも計画を遂行するのではなく、変化に対応して見直していく柔軟さが必要です。

この世で生き残ることができるのは、
最も強い者ではなく、最も賢い者でもない。
唯一生き残れることができるのは、変化に対応できる者である。

ダーウィンの進化論の一節が頭に浮かびました。

その他の質問内容は、新聞で。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA