折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

一般質問で聞くこと

1.学校統廃合について
新町では人口増加によって、大規模な学校が増える一方で、児童数が減少している中町地域では、全学年合わせても200名以下という小規模校があり、学校規模格差が生じています。今年度から導入された「小規模校選択制度」も規模格差解消には、効果があがっているとは言えない状況です。このままでは、児童数がどんどん減少して、学校統廃合という可能性も検討しなければなければならない時期がくることでしょう。そうなる前に、更にフレキシブルな学校運営を行い、地域の中に欠かせない場所とすることは、果たして可能かどうか聞いてきたいと思っています。
公約にも出しているように、私は「高齢者の方々と子どもたちが日常生活の中で自然に交流できる世代の垣根を超えた複合福祉施設が、たいへん意義のあるものだ」と思っています。実際、保育園の子どもたちをデイケアセンターなどに連れて行っていますが、本当に相互にいい影響を与えあえると確信しています。ですから、ぜひ小規模校の空き教室を利用して、お年寄りと子どもが日常的に交流できる場を、この浦安でも導入することができないか、提案して来たいと思います。

2.新浦安駅前複合施設内に開設が予定されている青少年交流施設について
新浦安の駅前にPFIで設置される複合施設の中に、青少年交流施設ができることになっています。私はこの「駅前」という立地が、どうも心配です。警察でお話を伺いましたが、駅前、公園、コンビニは、青少年がたむろしやすい場所とのことです。当然青少年犯罪も発生しやすい場所です。また500平方メートルの広さに、音楽スタジオなどが作られる予定ですが、事前に行われた青少年居場所作りアンケートでは、青少年交流施設に欲しいものとして「スポーツ施設」が1位、現在夢中になっていることも、またこれからやりたいことも「スポーツ」なのです。どうも、青少年が求めている交流施設とは、違うような気もしますので、聞いてみたいと思います。

3.行政に関する情報発信について
昨年行われた市民意識調査では、行政への参加方法として「とりあえず行政に関する情報を知りたい」という意見がもっとも多いという結果でした。市では、この声にどんな風に応えようとしているのか聞きたいと思います。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA