折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

一般質問が終わりました

昨日、一般質問に立ちました。
質問項目は、→この記事でお知らせした通り。

東日本大震災後の最初の質問で、聞きたいことがたくさんあり、できるかぎり項目をしぼったつもりでしたが、本当に時間が足りませんでした。

特に、私が、「市が義援金を呼び掛け、2億円強の義援金が寄付として一般会計に組み込まれているが…」と言ったところで、市長が「市は義援金をお願いしたことがない」と反論。驚きました。私が所属しているボランティア団体も、市の要請を受けて義援金を出しています。そのことを言うと、「いい加減なことを言わないでほしいと」いわんばかりの再反論にあいました。

でも、先ほど、市のホームページを確認したところ、写真の通りトップページの「注目情報 浦安市災害情報」のところに、「浦安市災害義援金のお願い」とあります。ページをたどっていくと、やはり「浦安市災害義援金のお願い」というタイトルのページに、受付口座などが案内されています。

これが市からのお願いでなくて、なんなのだろう…としばし考え込んでしまいました。本文には、問い合わせが多いから受け付けることにしたとあるので、ひょっとしたら、義援金を出したい方の「お願い」? そんなことはありませんよね…。

一般質問では、財政部長が、一般会計に組み込まれているこの「浦安市災害義援金」を、堂々と「全額被災者に分配する」と答弁したのち、やはり「一般会計に組み込まれている」と、発言し直す場面も。そんなやりとりでも、予想外の時間をとられました。

そもそも、浦安は今後「経験したことのない」厳しい財政状況になると認識しながら、その危機感を市民と共有しようとする姿勢が欠如していると考えています。新庁舎(計画通り続行・市長発言)や、花火大会の開催(7千万円)、そんな事業の続行により、市民は「まだまだ浦安には余裕がある」と考えてしまうのではないでしょうか。
避難所でもある学校の全面復旧に、2~3年かかるという答弁もありました。こどもたちは、まだ仮設トイレを使用しているのに、花火、市庁舎。果たして市民理解を得られるものなのかと思うのです。

浦安に「災害義援金」をくださった方々は、どんな想いで、支援してくださったのでしょう。一方で支援を受けながら、一方でその金額の3分の1に相当する予算を1夜の花火につかってしまうことや、いただいたけれど「お願していない」と言いきる市長の発言をどう受け取られるのでしょう。

その他、復興計画では、「国の液状化対策の方向性が示されない限り、市は動きが取れない」とか、放射能汚染では「市が独自に行うことではない。国に明確なガイドラインを示すよう要望している」とか(足利でも我孫子でも独自の検査を実施、川口市では独自のガイドライン策定)、原発問題や復興に、市が主体的に取り組んでいく姿勢を確認することができなかったことを非常に残念に思います。

詳細は、後日、さぁ、いっしょに新聞40号でお知らせいたします。


コメント一覧

  1. 米マークジェイコブスと昨年末に設立した共同出資会社の社長に就いた橘田(きつ・だ)新太郎さん(39)も、トモズの設立メンバーだ住商のスーパーコピー事業の人材育成方針は、小売りの現場経験を積ませることにある。 ボディ裾近辺にはヴィンテージスーパーコピー特有の葉っぱパークのワッペンが付いております。 その後、ボランティア活動、スーパーコピーベンチャーの立ち上げなど、時間を惜しんで毎日を過ごすように。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA