折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

キャンドルの灯りのしたで

今夜(6月20日)から7月7日まで、100万人のキャンドルナイトがはじまります。
これまで、毎年書いてきましたが、100万人のキャンドルナイトは、夏至と冬至の夜8時から10時まで、一斉に電気を消すエコアクション。
2003年に63箇所のイベントからはじまり、毎年活動の輪が広がって、2008年には、951箇所に拡大。ところが、昨年は、登録が752箇所に縮小しました。
その縮小の理由は、キャンドルナイトの活動が、社会に定着し、「登録」せずに実施・実行している家庭やお店が増えている証拠なのだそうです。

地球温暖化防止のための新たな国民運動「チャレンジ25キャンペーン」も活動の一環として、同じく6月20日から7月7日までの間、「CO2削減ライトダウンキャンペーン」を実施。21日夏至当日の「夏至ブラックイルミネーション」には、全国67,784施設(予想削減消費電力量971,952.37kwh)、7月7日のクールアース・デーには、65,187施設(予想削減消費電力量968,050.29kwh)の参加が予定されています。

明日は、一般質問の予定(15:30ころの登壇になるかと思いますが、ひょっとしたら明後日の一番目にずれ込む可能性あり)ですので、ただいま原稿の最終調節中。キャンドルナイトがはじまる8時までに、終えることができるか…いや、キャンドルの灯りのもと、市政のことを考えるのも、いいものかもしれません。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA