折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

さぁいっしょに新聞


「さぁ、いっしょに!新聞41号」を持って朝の駅立ち中。
風の冷たさに、あと半月もすれば師走になることを実感させられます。

駅に立つといつも、いろんなご意見をいただきます。
今朝も、「自転車走行中、道路の陥没部分にはまって倒れ、自転車がこわれてしまった。3月11日から8カ月も経つというのに、道路の修復はどうなっているのか」、「雨が降るとこの歩道は水が溜まって歩けなくなる。早く修復を」など、切実な訴えでした。

昨日は、ボランティアの会で久々に会った方が左手に包帯を巻かれていて、「ジョギング中に歩道の凹凸につまずいて顔も肩も怪我してしまった」とのこと。

震災当初、骨折した知り合いが何人かいましたが、未だに怪我が後を絶たない道路事情があります。こうした状況を取り除き、市民の安心・安全を守るためにも、復旧を急がなくてはなりません。

明日告示の12月議会で、再度復旧の進捗状況をきいていきたいと思います。






コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA