折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

ごみゼロの街へ

「ごみゼロ市民会議」を立ち上げ、その活動をもとに、ごみの減量と資源化に取り組んでいる町田市を視察してきました。

町田では、プラスチック圧縮結束施設建設計画を機に、ごみに対する市民意識が盛り上がり、施設建設の替わりに「ごみゼロ」を目指す首長が選ばれた、という経緯があります。

「燃やさない」、「埋めない」、「作らない」ためにどうするか、市民自ら話し合い、まとまった具体的な方策を市に提案し、その後地域で実証する。
こうした役割を担った「ごみゼロ市民会議」には、募集人数(市民50人)をはるかに越えた134名の応募があり、1年間で280回を上回る会合を重ねて昨年11月に報告書を完成させました。

「ごみゼロ市民会議」の報告書の提言には、家庭生ごみの堆肥化やバイオガス化によって全量資源化を進めることや、リサイクル・資源化の新しい広場やしくみをつくること、見て触れて感じる環境教育を実践することなど、6項目の方策が示されています。中でも、「まず『ごみゼロ市役所』を実現する」という、この「まず」をつけたところなど、できるところから具体的にといった姿勢がそのまま言葉になっており、素晴らしい提言です。(早速市役所に「ごみゼロ市役所」プロジェクトチームが出来たそうです。)

また、報告書に至るまでには、生ごみ処理機を市民に貸与したり、スーパーとタイアップしてNOレジ袋運動などの実証実験を行っています。特筆は、生ごみ処理機の貸与実験です。この実験に戸建て50戸前後のモデル地区を募集したところ、10地域の応募があったとと聞き、驚きました。そして、この生ごみからできた堆肥で育ったレタスが市民の食卓にのぼっているのです。

まさに、ごみ問題は市民との「協働」なくしては語れないテーマであることを実感した視察になりました。町田市の様々な取り組みを「できることから」見習って、浦安に有効なごみゼロ施策を取り入れていければと思っています。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA