折本ひとみの活動報告折本ひとみの活動報告

ある日のスケジュール

夏休み。絵日記を書いているこどもたちも多いことでしょう。今日は、絵日記にちなんで、私の金曜日のスケジュールを公開してみたいと思います。実は、時々「議会の合間はなにをしているのか」と聞かれることがあるのです(笑)。




2007年8月16日(金曜日)・晴れ(猛暑)

[10:00AM/議会 控え室]
市民の方が管理組合活動の疑問をもって控え室におみえになる。
管理組合連合会で長年活動をされている方にお引き合わせしてご意見を伺う。

[11:00AM/議会 控え室]
市民の方が「市長への手紙の回答が来ない」と訴えにおみえになる。
要約すると、質問は3点。回答不可能な点を除き、「障害者向けアンケートの回答とともに出した質問に対する答え」に対して、担当課の職員さんを呼んで対応。

[0:30PM/昼食]
中華飯店にて、ランチセットの昼食(ちなみにエビチリ定食)。

[2:00PM 議会 控え室]
矢崎県議会議員が控え室に。
市の道路管理課の職員さんといっしょに、県道の管理、ローリング族対策など、県とともにやらなくてはならないことへの働きかけを要請。
もちろん、選挙時の捨て看板の適切な処理も早急にやっていただくように強く要望。市民の血税が使われるようなことが断じてないように、また、景観という観点からも問題であることを強く指摘させてもらう。

[4:00PM 市役所]
第3庁舎へ。
まず、写真のペットボトルと蜂蜜ビンを「ごみゼロ課」に持ち込む。
中身はお茶や蜂蜜ではなく、使用済み食用油。

■ちなみに…
使用済みの食用油は、公民館やビーナスプラザに持ち込むと、石鹸にしてくれるのです。ご存知でしたか?実は、この事業、長年やっているわりには意外と知られていないのです。ビーナスプラザはちょっと遠いし、公民館では月に一度(全公民館第二日曜日)しか回収日がないというのも理由のひとつでしょうか。
私は今回うっかり日にちをまちがえて公民館にもっていってしまったのですが、そんな人の為には、少量ならば市役所であずかってくれるとのこと。(ただし、市役所持込は石鹸はもらえません)
食用油を配水管に流したり、固形化して燃えるごみにだすと、これまた環境に負荷がかかります。手軽な回収方法をさぐったり、周知の徹底をはかることを今後の課題としてとりくんでいかなくてはいけません。



(ああ、だんだん5時のチャイムが迫ってきました)



[4:40PM 市役所]
環境レンジャー課とポイ捨て防止駅前キャンペーンの日程確認の後、環境保全課羽田空港騒音問題対策室へ。

市民の方から「4月から航空機騒音がひどくなっていると思う」という問い合わせや「航空機の騒音が気になる」という相談をいただいたので、その調査を行う。

市の方への問い合わせやクレームは4月以降2件で、回答としては、4月から航路が変更になったり、特に環境・条件が変わったりということはない。また、市として騒音の状況を調べるために、時間の特定をしてもらえると調査しやすいということ。
市のホームページから飛行コース公開ホームページ(国土交通省ホームページ)にも入れます。動画でわかりやすい(前日までの分が見られます)です。参考までに。


[5:00PM]
終業のチャイムとともに、園に向かう。




以上、議会合間の1日でした。

コメント一覧

  1. 折本ひとみ より:

    二上こぶ様

    コメントありがとうございます。
    廃油燃料のバスは、バイオディーゼル燃料(BDF)に対応した車両(ディーゼル車など)でなくてはいけませんが、浦安市のおさんぽバスは、天然ガス燃料(CNG)車なのです。
    ですから、浦安市では廃油をバスの燃料としては使えませんが、廃油の有効利用は、積極的に考えていかなければならないと思います。例えば分別収集して、燃料原料としてリサイクル業者に売ることも可能ではないかと思います。

    ポイ捨ての件。私も過去に議会で取り上げたことがあります。現行のポイ捨て禁止条例を改正し、歩きたばこ・捨て看板に関しては、罰則付にすることを、マニフェストにも提示しました。

    私も駅前で定期的に行われているポイ捨て防止キャンペーンに参加してはいますが、日常的にゴミを拾われている二上こぶ様の行動には頭が下がります。同じように日頃から、町のゴミを拾っていらっしゃる方を見かけますが、こうした「地域のための具体的な行動」が、浦安の豊かな街づくりの基盤だと思います。

  2. 二上こぶ より:

    暑いところ、お疲れ様でございます。
    「廃油」で石鹸がもらえる(リサイクル)の件、私も知りませんでした。早速、今度、公民館にもっていってみます。
    折りしも、「廃油」でバスの燃料に転換している自治体があるところが多く、浦安市でもこのような取組みができないのかなと思います(「おさんぽバス」の燃料等)。
    近頃、思うこと。浦安(特に私の住む新町)は、ポイ捨てゴミが多いです。子供と徒歩で外出する際は、必ず、コンビニの袋を持参して、散歩だてら、道々のゴミを拾います。一番多いのが、たばこの吸殻(私も愛煙家ですがこれには辟易)、続いて、空き缶、紙パック、あめの包装紙、スナック菓子の空き袋、正体不明のビニール、等々です。自分たちの町にゴミが落ちているということは、本当に最低限のモラル低下を感じます。一見、きれいにみえる新町ですが、歩くとポイ捨てだらけです(公園も同様です。先日はビオトープに空き缶や工事用のコーンが捨てられていました。)
    子供や地域のため、こつこつと拾いますが、いやはや情けない限りです。でも、前向きにゴミを拾うと、ストレス解消になりますよ。

コメントを投稿する

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA